SPICE 生活の隠し味 知っ得!マガジン コラム生活百科お困り百科サイトマップ

コラム Column
Interview with Satomi Ishihara -石原さとみインタービュー-
お琴はすでに生活の一部。スポーツでもなんでも、楽しそうにみえることはすぐにやってみたくなるんです。
石原さとみさんは、現在、高校2年生ですよね。お仕事がお忙しいとは思いますが、学校でクラブ活動は?
  もうやめちゃったんです。以前はお琴のクラブだったんですけれど、やはりお仕事を両立させるのは難しいので。
お琴は趣味でもあるんですよね。一番好きなものがお琴?
  好きっていうか、もう生活の一部って感じ(笑)。6歳の頃からずっと習ってたから……。最初は自分の意志で始めたわけではありませんが、気がついたら弾いていて、日曜の朝はお稽古に行くのが当たり前だったし。もう習慣になっちゃった(笑)。
ほかにもたくさんの習い事をしていたみたいですね。
  バレエにダンスにピアノにテニスに……けっこう忙しかったかも。テニスは習い事ではなくて、中学の部活で3年間やりました。

子供の頃は、遊ぶ時間は日曜の午後だけって感じでしたね。
でも、習い事って、やはり好きじゃないと続かないと思うんです。だから、忙しくて辛かったということはありません。
もし、今、もう1度クラブ活動をするとしたら何部に入りたいですか?
  うーん。お琴もいいけど、もう1度テニスをやりたいですね。
あ、でもテニスは日焼けしちゃうか……。それが理由で、高校ではテニス部に入らなかったんです。

そうだ! バレー部に入ってみたいです!! ただし、あんまり練習が厳しいところじゃなくて、バレーボール愛好会くらいだといいかな(笑)。みんなで楽しくやれたらいいですね。
けっこう欲張りさんかな?(笑)
  いろんなことが楽しそうに見えるので(笑)。これやりたいかも、って思ったらスグに行動するほうですね。

HOMETOP BACKNEXT



Copyright (c) 2002 Mitsui Sumitomo Insurance Co.,Ltd. All rights reserved.